映画

映画「私をくいとめて」感想

今年の映画納めは「私をくいとめて」でした。

監督・脚本:大九明子
原作:綿谷りさ
キャスト:のん(能年玲奈) 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 片桐はいり 前野朋哉 山田真歩 橋本愛
作品情報:2020年/日本/133分


あらすじ:
30歳を越え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子。みつ子がひとりきりでも楽しく生活できているのには訳がある。脳内に相談役「A」がいるのだ。人間関係や身の振り方に迷ったときはもう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。
「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたそんなある日、みつ子は年下の営業マン多田くんに恋をしてしまう。
きっと多田くんと自分は両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、一歩前へふみだすことにする。
(出典:Filmarks)

「勝手にふるえてろ」が素晴らしかった大九明子監督の最新作。
監督名で期待してしまう一人です。

観終わった後にすぐ感想を書こうかと思っていましたが、なんだかうまくまとめられず。。
今でもまとめられていませんが、忘れないうちに書いてしまおうと思います。

この映画、機微がちりばめられている繊細な映画だと思いました。
いくつか能年玲奈ちゃん演じる主人公ミツコが感情を爆発させる箇所があるんですが、そこだけでなく映画のすみずみに思いが込められているような。
笑顔の裏には怒り、悲しみ、寂しさ、後悔、自己嫌悪、色々な感情が隠れている。
必死で日常を楽しく生きている女性の話。
。。でもそれだけじゃない気がします。

めちゃくちゃ男性につくすタイプの先輩とミツコが大の仲良しだったり。
世界に飛び出して充実しているように見える親友が実は必死で戦っていたり。

大部分はのんちゃんの話なんですが、そこだけに終始していない。
単純にいうと色々な人がいて、色々な思いがあって。

そこからもう一歩考えたいのですが、、まだ反芻しています。

監督の製作話など読みたいと思って、パンフレットを買おうと思ったのですが、売り切れ。
今度映画館に行った時に出会えたら買わねば!

キャストも面白くて、THE W 2020で優勝した吉住さんや、岡野陽一さんも良かったです。
中村倫也さんも然り。
大九監督は時効警察のドラマでも空気階段の2人をキャスティングしていて、お笑い好きなのかなと思ったら、芸人養成学校スクールJCAの第1期生で、お笑い芸人、女優として活動していたと知ってびっくり!

もちろん、能年玲奈ちゃんの魅力大爆発の映画です。彼女をずっと観ていても飽きない。
あとは能年ちゃんと橋本愛ちゃんの共演も見所でしたね。あまちゃん以来の共演、良かったです。

綿矢りささんの原作も少し雰囲気違うと聞いたので、
小説も読んでみたいなと思いました。

そして「勝手にふるえてろ」もし未見の方はぜひ!!
松岡茉優の「fuckfuckfuckfuckfuck………!」が最高です。

-映画

© 2021 ciwiralog