ワイン

ワインを美味しく飲む為の保存方法

1.未開封ワインの保存方法

よくワインは生きものといわれますが、保存条件によって風味が大きく変わります。
とてもデリケートな飲み物ですが、できるだけそのワイン本来の味わいを美味しく頂きたいですよね。

そこで最適なワインの保存条件をまとめました。

  • 温度10~15度で、かつ気温差が少ない。
  • 湿度75~90%
  • 振動がない。
  • 強い光が当たらない。自然の光も人工の光もNG。
  • 強い匂いがない。
  • コルク栓の場合は横にして保存。

少し補足すると、
・温度は涼しい場所がおすすめ。
日本は季節や場所によって夏は30度以上、冬場は氷点下になることもありますから、何らかの対策が必要になりますね。

・ワインは乾燥、振動、光、匂いが苦手。
空気が乾燥 → コルク栓が乾いて縮こまり空気を通す → ワインが酸化。
振動はワインの分子を壊してしまう原因に。
強い光はワインの新鮮さを奪ってしまいます。色の変化にも影響が。
コルク栓の場合、匂いがあるものが近くにあるとコルクを通してワインに匂いが移ってしまいます。

コルク栓のワインは横にして保存。=スクリューキャップは横でも縦でもOK
”乾燥が苦手”と同じ理由です。コルクがワインと接触した状態でないと乾燥して縮まってしまい、その結果空気が入り込み、ワイン酸化の原因に。

2.ワインの保存場所はどこ?ワインセラー?冷蔵庫?

結論:ベストはワインセラー。無い場合は冷蔵庫へ。

やはり上記の条件を満たしてくれるワインセラーでの保存がベストです。
最近は家庭用小型ワインセラーも増えているようですね。

とはいえ、ワインセラー買うのにはなかなかハードルが高い。
私も買う決意をするのに何年かかったことか。。

そんな方には、
冷蔵庫での保存がおすすめです。
その際は布や紙で遮光、プチプチ等で巻いて保温、コルク栓の場合は横にしてあげましょう。
よく冷蔵室と野菜室どちらが良いかと聞かれますが、各ご家庭の冷蔵庫の環境によるかと思います。
光や温度的には野菜室の方に軍配が上がりますが、出し入れ回数が多かったり(=振動)、匂いの強い食べ物が入っている場合は冷蔵室の方が良い場合も。
ご自分の冷蔵庫環境を見て、選んでみてくださいね。

でも冷蔵庫での保存は1年以上の長期保存には向いていません。高級ワインなど長期保存して楽しむ場合は、ワインセラーでの保存をおすすめします。

もし冷蔵庫での保存が前提で、ご自分でワインを購入する場合、スクリューキャップのワインを選ぶのも1つの手です。

スクリューキャップだとコルク栓に比べて匂い移りや乾燥の心配が少なく、冷蔵庫内で立てて保存が可能です。

今回の記事は以上になります。

上手にワインを保存して、美味しいワインライフを楽しみましょう!

-ワイン

© 2021 ciwiralog